ゲームカクテルバナー Top Page 本日のラッキーゲームカクテル ゲームカクテルサイトマップ ゲームとカクテルに関する本 ゲームカクテルのサイトについて リンクサイト 連絡先





イメージキャラクター ゲームカクテル名
花京院
Kakyoin
エメラルドスプラッシュ
Emerald Splash
グレーフライ
Gray Fly
タワーオブグレイ
Tower of Gray
キャプテン・テニール(偽)
Captain Tennille (Fake)
ダークブルームーン
Dark Blue Moon
ラバーソール
Rubber Soul
イエローテンパランス
Yellow Temperance


ゲームカクテル エメラルドスプラッシュ
ウォッカ 30ml フィンランディアウォッカ
Finlandia
メロンリキュール 20ml ミドリ
MIDORI
ホワイトミントリキュール 1tsp ボルスティアードロップ
BOLS Tear Drop
レモン 10ml レモンジュース
Lemon Juice
ウォッカ、メロンリキュール、ホワイトミントリキュール、レモンジュースをシェイクしてグラスに注ぎ、マラスキーノチェリーを添える。
緑色の宝石のような破壊のヴィジョンを飛ばして相手にダメージを負わせる、花京院典明の必殺技「エメラルドスプラッシュ」。ストーリーを通して随所で活躍したこの技を恐れ多くもゲームカクテル化させてみることにしたよ。
カクテル名を最初は「ハイエロファントグリーン」にしようと思ってたんだけど「エメラルドスプラッシュ」の方が響きが瑞々しいからこっちにしてみたよ。
花京院がスタンド名をハイエロファントエメラルドからハイエロファントグリーンに変えた感じ?
んまぁそんなところだね。さて、このゲームカクテルで使用するボトルはメロンリキュールのミドリ。これは絶対に外せないね。
承太郎に「光ったメロン」とか言われてたもんねー。あと確かプロフィールにあった好きなものは色がキラキラ光るミドリ色だったよね!
ミドリのボトルのイメージもぴったりなんだよねぇ。でもって次にチョイスしたボトルはこれ、クレームドメントシリーズの一つ、ティアードロップ。これは涙の雫をイメージしたボトルに入ってて・・・
涙無しには読めないラストシーンを表現してるんだね!!
「ジョースターさん・・・受け取って下さい・・・」って・・・うぅ・・・。
(本当は花京院の好きなミュージシャン「スティング」にかけてカクテル「スティンガー」の材料のつもりで使ったんだけどな・・・)

・・・えーと、次いいかな?リキュールだけだと甘すぎるからこれらの材料と相性の良いウォッカを使ってシェイクするんだ。
でもって最期に彼ががっついて食べてしまうくらいの好物、チェリー(ここではマラスキーノチェリーを使用)を添えて完成。ではどうぞお客様、ゲームカクテル「エメラルドスプラッシュ」です。
うわぉ、きれいな緑色してるねー!添えてあるチェリーの色も引き立つね!じゃあ頂きまーす!くいっと・・・・・・
ちょっと強めだけどどうかな?
おぉー、ソフトな口当たりだけどスッキリした味わいだね!あとからメロン風味とミントの香りがふわっと広がる感じだよ。では最後に
先に言っとくけどレロレロは禁止ね?
げほぉ



ゲームカクテル タワーオブグレイ
アドヴォカート 10ml ボルスアドヴォカート
Bols ADOVOCAAT
ブラックアナナス 30ml アナナスガルーダ
HERMES Green Tea
牛乳 20ml 牛乳
Milk
マラスキーノチェリー 1個 マラスキーノチェリー
Maraschino Cherry
アドヴォカート、ブラックアナナス、牛乳をステアしてグラスに注ぎ、半分にしたマラスキーノチェリー2つをピンに串刺しにして添える。
事故と旅の中止を暗示する「塔」のカードをもつスタンド、タワーオブグレイ。今回はこのスタンドのイメージでゲームカクテルに挑戦してみたよ。
ストーリーモードの合間のシーンで、花京院がおじいさんに「当て身」と言いながら頭部に立ち弱パンチを当てる場面が妙にシュールだったのが印象的だったなぁ・・・。
原作だと弾丸をもつまむ承太郎のオラオラをかわしてたりしてたんだけど、さすがにゲーム中にそんなスピードはでなかったね。
でもやたらとチョコマカ動くしスタンド状態なのに回り込みしてきたりかなり曲者だったなー。花京院でパーフェクト勝ちするのは結構辛かったもん。CPU専用キャラでよかった。
さて、こんなタワーオブグレイをゲームカクテルにしようって訳だけど「灰色の塔」のイメージで行くことにするよ。
虫のカクテルよりこっちがいいね。でも・・・グレーのお酒なんてあったっけ?
名前にグレー{gray}がつくのであれば グレーグースウォッカ{Grey Goose Vodka}なんかがあるんだけど色がグレーっていうのは未だ見かけた事がないねぇ。
おぉ、ってことは無い色に挑戦ってことだね!
うん、うまくいくか分かんないけど完璧な「コンクリート色」を目指して頑張って見るよ。
なんか・・・美味しそうかどうかは別として面白い試みだね。
まず使うお酒はパインリキュール。
パイン?パインって黄色じゃないの?
パインといっても使うのはこのリキュール、アナナスガルーダだけどね。
あー!黒パインリキュール!こんなボトルあったね。
これに弁護士の異名を持つ卵リキュールアドヴォカート、これらをミルクで割って・・・
おおー!ちゃーんと灰色になったぁ!でもこの中身はミルクと卵とパインかー、なんだかスイーツのレシピみたいだねぃ。
ふふふ、そして最期に半分にカットしたマラスキーノチェリーをピンで刺してタワーニードルに刺さったアレを表現・・・いや、なんでもない。どうぞお客様、ゲームカクテル「タワーオブグレー」です。
ちょっとまったぁぁぁ!今なんか言いかけたよね?
なんでもないですよ?
うー・・・まいっか、頂きます。くいっと・・・・・・お、甘くて美味しいねこれー。クリーミーでフルーツの香りもあって度数も控えめだし、ちゃんと灰色の塔してるしそれにあとあと・・・
思ったより上手くできたなぁ~。コンセプトはアドヴォカートでじょう舌になったところをタワニードルでグサっと・・・
なんか今黒い事言ってたよね!?
なんもいってないよー??


ゲームカクテル ダークブルームーン
ドライジン 20ml ボンベイサファイア
Bombay Sapphire
パルフェタムール 20ml ボルスパルフェタムール
Bols Parfait Amour
レモンジュース 10ml レモンジュース
Lemon Juice
マラスキーノチェリー 1個 ミントチェリー
Mint Cherry
ブラヴォド 10ml ブラヴォド
BLaVOD
ドライジン、パルフェタムール、レモンジュースをシェイクし、グラスに注ぎ、スライスしたミントチェリーを落とし、最後にブラヴォドを静かにフロートさせる。
嘘と裏切り、未知の世界への恐怖を暗示する「月」のカード、その名は「ダークブルームーン」。
結構最初の方に登場した人だよね。香港からシンガポールに船で向かってる途中に遭遇したスタンドだったっけ。
水上や水中での戦いってジョジョでは多く登場したけどこの「ダークブルームーン」との対決が第3部に入ってから初めての本格的な水上(中)戦だったね。
プレステ版にはアーケードと違って全てのスタンド使いが登場するって話だったから期待してたんだけどねー。
うん、でもまぁ結局ミニゲームに組み込まれるだけで終わっちゃったね。
それでも承太郎がタバコの煙でスタンド使いを文字通り燻り出す原作の展開をフルボイスで再現するシーンとかは琴線に触れるものがあったけどね。
シブイねェ・・・まったくおたくシブイぜ」とか
スタ・・・ンド?
の発音は一見の価値アリだったねぃ。
さて、ゲームカクテルに入る前に一つだけ。前もって知っておいて欲しいカクテルがあるんだ。
なになにー?
カクテル「ブルームーン」。
はい?お姉ちゃんと同じようなことしてる人がいるってこと?
いやそうじゃなくて、スタンダードカクテルで「ブルームーン」ってカクテルがあるってこと。こっちはバーで普通に注文して出てくるカクテルだよ。

レシピは
・ドライジン
・パルフェタムール
・レモンジュース
をシェイク。
ほえー。ちょっと気になるカクテルだね。
ちなみに花言葉ならぬ酒言葉とも言える、ちょっと深い意味を持ったカクテルでもあるんだ。
へぇ~、面白いね。どんな意味があるの?
できない相談」って意味があるんだ。
だから・・・その気が無い時にコレをオーダーすればさりげなく断る意味合いを持つんだ。
へぇー!!これ使えるかも!
まぁ・・・果たしてこの方法で気が付く人が一体どれだけいるのか疑問だけどね。ここらでゲームカクテルに話を戻そうか。
「ダークブルームーン」のゲームカクテルということで、ベースはまんま「ブルームーン」を引用してみるよ。
「ブルームーン」がベースってことは何かを足すのかな?
その通り。これを足して出来上がり。どうぞお客様、ゲームカクテル「ダークブルームーン」でございます。
うわ!すごい色!!全然青じゃないよ??
元々「ブルームーン」が紫色のカクテルだからねー。
ちょっと貸して貸してー、カメラで撮るー。
ブラヴォドを表面にフロートさせて雰囲気を出してみたんだ。
それでこんな色なんだー。グラスの底にも何かあるね?ともかくまずは頂きます~、くぴっと・・・・・・
あー、グラスの底にはスライスしたミントチェリーを沈めてあるんだ。
くはー、ちょっぴり強いけど雰囲気たっぷりの味だね。バニラのような香水のような・・・。それでミントチェリーはなんでスライスされてるの?
だってほら、原作で最後承太郎にスターフィンガーでスパっとやられて・・・
あーもう!なんとなく分かったからいいよー!





ゲームカクテル イエローテンパランス
ウォッカ 20ml スミノフ
SMIRNOFF
ココナッツリキュール10ml マリブ
Malibu
オレンジジュース 適量 オレンジジュース
Orange Juice
マラスキーノチェリー 1個 マラスキーノチェリー
Maraschino Cherry
レモンスライス 1枚 レモンスライス
Lemon Slice
氷の入ったグラスにウォッカ、ココナッツリキュール、オレンジジュースを入れてステア、最後にマラスキーノチェリーをレモンスライスで包んで添える。
相手の攻撃を吸収したり物を溶かしたり、あと誰かに化けたりすることができる黄色いスライム状のスタンド、イエローテンパランス。今回はこのスタンドのイメージでゲームカクテルに挑戦してみるよ。
身にまとうタイプのスタンドだからゲーム中はスタンドモードが無いんだよねー。でも出の早い当て身とか持ってて結構強かったり。。。
このイメージのカクテルに使用するボトルだけど、まずは花京院のカクテルでも使用したウォッカをベースにしてみたよ。それにココナッツリキュールのマリブを加えてくよ。
うん、好きなんだ・・・ココナッツ・・・。だね。試合前にもガツガツ食べて一回り大きくなるよね。
うーむ、ココナッツにスジのようなものがあるかは別としてきっとあれはココナッツです。続いてスタンドのカラー、イエローはオレンジジュースで表現して、最期にはやっぱり外せないチェリーを添えて出来上がり。どうぞお客様ゲームカクテル「イエローテンパランス」です。
ではさっそく頂きますー、んぐっ・・・・・・
これはアルコール度数も控えめで飲みやすいと思うよ。
おー、ココナッツのトロピカルな味!確かにアルコール全然感じないねこれー。やっぱり彼にはマイクタイソン並のパンチ力は無かったということかな?そいじゃ最後にこのチェリーを
やっぱりレロレロは禁止だよ?
ちぇー。
タロットでバランスを意味するテンパランスだけど、このゲームカクテルのレシピはかなり分量に幅がきくから自分の好みのバランスを見つけてみるのもいいかもしれないね。






リクエスト、ご意見はこちらからどうぞ。
頂いた内容には返信しております~。


ゲームカクテルロゴ